ブログパーツ

最近のコメント

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

MacOS X

2014年6月25日 (水)

Swift

気ままに更新してるから、前回の書き込みがいつかと思ったら昨年の11月30日…
半年以上も何も書いてないsad

そういえば、せっかく買ったオモチャ(Surface Pro 2)は、iOSとかの仕事のお陰で埃が…

ところで、今月、今更ながらAppleから新言語の発表があり、この2週間ばかり勉強をしていた。

なにせ、過去に失敗した実績:

  →Classic APIを踏襲したCarbon APIにこだわり、Cocoa APIを使わなかった為に、
   OS XでCarbon API切りが発生した事で痛い目にあった。

があり、Cocoa API(Objective-C)は、残り3つ(のバージョンアップ)で消え去ると思われたからだ。

CやらC++、JavaとかJavascript、Objective-Cやらと、ごっちゃ混ぜの良いとこ取りな言語Swiftは、
Objective-Cを1から勉強するよりも習得しやすい(なのか?)って事らしいけど、やっぱ、新しい事を覚えるには、
45才だと鬱陶しい。

しかし、仕事が無くなるよりはマシ!

ところで、今回の書き込みは、そんなSwiftを覚えるにあたり、有意義なページを書き置きする為に半年ぶりに更新してみたw

CodeZine

   ・アップルの新プログラミング言語「Swift」を探検しよう

Tumbling Dice

   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(1)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(2)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(3)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(4)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(5)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(6)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(7)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(8)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(9)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(10)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(11)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(12)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(13)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(14)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(15)
※7月9日更新
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(16)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(17)
   ・[Swift]Appleの新言語「Swift」のリファレンスを読む(18)

※7月15日更新
qiita.com takkyun

   ・Swiftに関するメモ - Table of contents


※7月23日更新
Tech Blog

   ・作って学ぶSwift/iOSアプリ入門

2013年10月29日 (火)

Appleでトラブル続き…

先週、OS Xがアップデートしたので、iMac late 2009 の方をapp storeでアップデートを開始したのだが、ダウンロード後の再起動でトラブルが発生。

アップデート画面にならず、林檎マークが禁止マークとなり…

当時(先週の木曜日2013年10月24日)、ディスクユーティリティーやらターミナルを使ってのパーテーションのマウントやら、やれる事はやったがどうにもならず…

仕方が無いので、Command-Rで問題のパーテーションを初期化し、OS X Mavericksがインストール出来たが、結果的にBoot Campを起動させる方法を無くし、Boot Campのパーテーションを削除。

つまり、HDの中にあった物全て消えてしまったsweat02

次にiOS 7。

iOS 7にアップグレード可能になる前、私はAppleのデベロッパーなので、iOS 7のβをインストールしていた。

特に使っていて問題が無かったのだが、iPadには入れなかった。

そして、公式的にアップグレードが可能な日に、速攻OSの変更をした。

ここで、私自身が開発したiPad用専用アプリ(業務委託先でリリース)なのだが、iOS7の内部使用の変更の為なのか、ステイタスバー(電波や時間、バッテリーが表示されているエリア)を消していたのに表示されて困った。
(iOS 6なら消えているのだが)

そして、この問題は今日解決した。
    Status bar appear over my view's bounds in iOS 7 [duplicate]

手順としては以下の通り。

1) Make sure Hide during application launch is still checked, to support previous OS versions.
2) In your Info.plist file, add View controller-based status bar appearance and set it to NO.
3) You may need to "Clean" before building, (I did), but then your app should work as before: no status bar hanging over your views!

2013年4月20日 (土)

あれやこれやでiMac復旧作業完了

ぶっちゃけ、スグに終わるかと思ったが、結局、木曜日の午後から金曜日を丸一日使って、完全には復元できずに終わろうと思う。

初め、外付けHD(OS X インストール済)もあるし、内蔵HDのパーティションを、Mac OS 拡張とFAT32(Bootcamp用)に分けてた。
その後、リブートさせて”修復ディスク Windows 7 64 ビット”で起動させ、Windowsのディスクイメージを用いて復旧させ、無事に起動をしたが、何だか不思議な空間(パーテーション)が出来上がってしまった…wobbly

なんと、Mac OS 拡張の方に、どうやら内部的にWindowsのパーテーションが組み込まれ、さらに見えない!
FAT32の方にインストールされない結果となった。

仕方がないので、普通に内臓HDへOS X Mountain Lionをインストールし、Bootcamp使ってWindowsの復旧を試みた。
が、こちらはFAT32の方に復旧されたが、何故だかWindowsを起動すると、フォーマットがNTFS。
OS Xから見るとFAT32…

なんじゃーこれ?!

凄く気持ち悪い状況になってしまった。

どうやら、修復ディスクを用いて復旧すると、FAT32内でNTFSのパーテーションが区切られ、そこに復元されたみたいでsweat01

何だかどうにもならん。

なので再びやり直し。

  1.OS X 再インストール
  2.Bootcamp
  3.Windows7のインストールディスクで起動
  4.DOS 窓を表示させて、formatコマンドでNTFSフォーマット(←鬼の様に時間が掛かった…)
  5.復旧ディスクで再構築。

しかし、OS XではNTFSで認識されたが内部は見れず。
Windowsでは、復旧する前の容量(今回は増やしたのだが)で残りが見えず。

いろいろと調べ、”コンピューターの管理”の”ディスク管理”で、見えてないパーテーションをドライブ化させ使えるようにした。

結論

OS XでBootcampを再び正しく使いたいなら、最初からWindowsをインストールさせ、再構築をした方が普通に使えるって事で…

ともかく、面倒だからこのまま使う事にする。

2013年4月18日 (木)

iMac HD 交換完了!

只今、交換したHDへのリカバリー作業を行いながら買いてます!

午前10時、AppleのHD交換プログラムの担当【群馬県はウチダエスコ(株)さん】が来て、iMacのHDを交換してもらった。
HD交換だけだと思ったら、iMacの液晶を保護するパネル(ガラス)を丁寧に拭いて、起動したら画面が綺麗に!
感謝感謝shine
最近、液晶の汚れが激しいかと思ったら、無くなってたのでパネルの汚れだった事が分って良かったねhappy01

それで一応、交換作業をみてたけど、やっぱリスク高い(液晶外すとか)。
今度壊れたら、ウチダエスコ(株)さんへ持ち込むか、リスクを承知で自力修理するか…
そん時考えよう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、リカバリー作業中(Bootcampの新しいドライバーをダウンロード)、昨日、OSのアップデートがあったので(業務委託先のMacで行った)、自身のOSもアップデートしようとしたら…

20130418_132312

NSURLErrorDomain エラー -1012 って何だとググったら、どうやら犯人っぽい書き込みが…

Apple サポートコミュニティ
AppStoreのソフトウエアアップデートボタンエラー?

カスペ先生(Kaspersky Anti-Virus)が悪さしてるって事で機能をオフったら、すんなりとアップデートが出来たsweat01

そう言えば、iCloudのサーバー同期でも接触を解除するアクションがあったりしてたし、もしかして今のカスペ先生は使えない?!

20130418_141118

しかし、自身の管理するPCのセキュリティーは必要最低限にしなきゃならんし、必要な時だけオフる事にしよう。

2013年4月11日 (木)

iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラム

iMac 2009 Late 27 inch
現在仕事等で使っているiMacだけど、今日、Bootcamp(Windows)を起動したら致命的なエラーってアラートが!?

Σ(゚□゚(゚□゚*)

急遽、Macでのメンテを起動させ、ディスクユーティリティを起動。

そしたら…

20130411_1 S.M.A.R.T. 状況が赤文字でエラー

そう言えば、先月末締めの【iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラム】ってあったなぁ、って後悔してたら…

20130411_2
おぉーーーーーーーーーーヽ(*≧ε≦*)φ

延長してるし!

って明日迄!!!

と言う事で、

  ・Apple テクニカルサポート

の【Apple サポートにお問い合わせ】の部分をクリック。

今すぐアドバイザーと話がしたい、ってところをクリック後、名前、アドレス、電話番号を入れクリックしたら、速攻電話が掛かってきて、暫く待ち後、Appleのサポートさんと話。

初めはヤマト(宅急便)をよこすって話だったけど、仕事の空白が出来ちゃうって事を伝えたら、出張修理サービスが適用出来るエリアだったので、そちらで交換依頼した。

スゴくラッキーだった。


ちなみに、Windowsでは【S.M.A.R.T. 】を基準に早急な交換を促す事はしないらしい。

って事は、WindowsにインストールされたAppleのドライバーが出してたのか?

それは分らないが、ともかくHDだけ新品になる。

2012年5月 1日 (火)

OS X LionにMySQLをインストールする

デベロッパー契約をしてるので自宅も業務委託先もOS X Lion Serverにしている。

しかし、LionになってからSQLがMySQLで無くなってしまった。

本当は、Lionから対応したSQLでやればいいのだが、まだまだSQLを含め、PHP、HTML、Javascriptに疎いので、こちらから始めようかと…

と言う事で、MySQLをインストールしてみた。

  ・独り言
    ⇒OS X LionにMySQLをインストールしたときのメモ

記事を書いている時の最新バージョンは、5.5.23であった。

2011年3月10日 (木)

MacOS X Lion で再起動をよくしているけど…

しばらく MacOS X 10.7 Lion を使っているとカーソルがグルグル回りっ放しで、強制再起動をしなければならない時がある。

ブラウザでよく起こるから、Java関連かFlush関連かと悩んでいたが、プレビューだからと'あきらめ'ていたがログを確認した処、強制終了をさせる前にエラーが出ていた。

11/03/10 13:55.181:50 mds: (Error) ImportServer: <MDSImporterWrangler: 0x7f9dfbc60a10> timed out waiting for plug-in info from mdworker
11/03/10 13:55.303:55 mds: (Normal) DiskStore: vsd:0x7f9dfc81c200 calling mdsScanDisk baseTime:1299729261 maxInQueue:4626419 maxInSDB:4626277 /

mdworkerをググってみたら、どうもSpotlightでの検索インデックスでの作業で問題が発生していたみたいで。

そんな事で、とりあえず検索インデックスの作業を停止させる事にした。

Inforati(インフォラティ) さんのページを参照。

  ⇒Mac Spotlightで検索インデックスの作成を停止する裏技

ターミナルで次のコマンドを打ち込んで、今後、様子見。

  $ sudo mdutil -a -i off

ちなみに、これって昔から存在している問題らしく、たまたま発生したのかもしれない。

もしかして、検索インデックスを初期化したら回避出来たのかも。

2010年12月27日 (月)

G5が絶不調!

取引先(昔の勤め先)で作った現行ソフトへのデータコンバーターが、MacOS 10.3.9で不具合として報告されたのが先週。

そんで、G4にMacOS 10.3.9を新規インストールして貰って確認をしたら、ZIPにする機能(別アプリ)で処理が戻ってこない事が判明。

MacOS 10.4では問題ないので、多分、OSの仕様上のトラブルだと思い、とりあえず、ログへの吐き出し部分いれて確認しようと、昔から愛用(会社所有物)しているG5を再起動後…

暴走の連続で起動しない。

当時はCocoa嫌いだっただけにCabonで作った為、こう言うところで弊害が出まくる。

まぁ、データ自体、Cabon APIを使っている部分もあり、Cocoaで作り直しても正しく動くか不明なんだけど、最悪、Cocoaで作り直した方が早いかもしれない。
(問題はQuickTime APIをCocoaでどう使えば良いか、理解していないのが問題なんだけどね)

ちなみにこのG5、起動出来ない理由が分かってなく、何十回かリトライすると起動してくれるから破棄出来ない。
(それと昔の開発環境が、すでにこのG5でしかないのも問題なんだけど…)

さてと、20回を超える再起動をしようかな。

2010年11月15日 (月)

PhotoshopのFileformatのPlug-inには…

ブログはツイッターじゃないし?! で書いたけど、最後の最後でバグ(ρ_;)

FormatRecordのfinalSpecは、UTF-8のフルパスが入ってるけど、上書き保存の時には何も入っていない!!!
(#゚Д゚)y-~~イライラ

結局、FormatRecordのfileSpec2->mReferenceからCFURLRefを生成するコードに置き換えた。

Appleのデベロッパーに対する嫌がらせか!?

Apple OpenJDK参加へ

先日、Appleが提供していたJavaVMの新規バージョンを提供しないって話で、今後、MacOS X上でJavaがどうなるか不安だったけど、どうやら、良い方向になりそうだ。

Apple、IBMに次いでOracleのOpenJDKへの参加を発表――OS X向けJavaはOracleが提供へ - ITmedia News

より以前の記事一覧