ブログパーツ

最近のコメント

無料ブログはココログ
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

Appleでトラブル続き…

先週、OS Xがアップデートしたので、iMac late 2009 の方をapp storeでアップデートを開始したのだが、ダウンロード後の再起動でトラブルが発生。

アップデート画面にならず、林檎マークが禁止マークとなり…

当時(先週の木曜日2013年10月24日)、ディスクユーティリティーやらターミナルを使ってのパーテーションのマウントやら、やれる事はやったがどうにもならず…

仕方が無いので、Command-Rで問題のパーテーションを初期化し、OS X Mavericksがインストール出来たが、結果的にBoot Campを起動させる方法を無くし、Boot Campのパーテーションを削除。

つまり、HDの中にあった物全て消えてしまったsweat02

次にiOS 7。

iOS 7にアップグレード可能になる前、私はAppleのデベロッパーなので、iOS 7のβをインストールしていた。

特に使っていて問題が無かったのだが、iPadには入れなかった。

そして、公式的にアップグレードが可能な日に、速攻OSの変更をした。

ここで、私自身が開発したiPad用専用アプリ(業務委託先でリリース)なのだが、iOS7の内部使用の変更の為なのか、ステイタスバー(電波や時間、バッテリーが表示されているエリア)を消していたのに表示されて困った。
(iOS 6なら消えているのだが)

そして、この問題は今日解決した。
    Status bar appear over my view's bounds in iOS 7 [duplicate]

手順としては以下の通り。

1) Make sure Hide during application launch is still checked, to support previous OS versions.
2) In your Info.plist file, add View controller-based status bar appearance and set it to NO.
3) You may need to "Clean" before building, (I did), but then your app should work as before: no status bar hanging over your views!

2013年10月11日 (金)

Office

サラリーマン辞めてから個人事業主となり、何かとやらなきゃならん事が増えた。

確定申告

その為、仕事で必要な経費など、とかくお金の出し入れの記録が必要になり、毎日家計簿を付ける様になった。
(この頃から病院へ行く様になったから、1日のカロリー摂取の為の表も作る様になった)

現在も続いている為、たとえ1円でも増減してたら、その日集めたレシートやら、以前付けてからの行動を思い出す作業などが発生する。

ところで、こういう計算表はExcelがお決まりである。

ただ、仕事でWindowsも使っているが、主の開発がMacであるので、どうしてもMicrosoftのOfficeを購入する必要が出る。

しかし、Microsoftって会社は歴史をたどれば、Appleとの蜜月な刻(とき)もあり、Windowsと全く違うUI(ユーザー・インターフェイス)を用意してくる。

それに、仕事で使うんだから購入でもイイかもって思えるんだけど、やっぱ、WindowsとMacで作業する上で、操作が異なると何かと不便。

なので、当時、Office互換ソフトを導入した。

その頃、導入したのがOpenOffice

今は亡きSUN(Sun Microsystems)が、MicrosoftのOffice互換でオープンソースライセンスして公開されていたソフトウェアだった。

完全互換、とは言わなくても、それなりに使え(Microsoft Officeのファイルも読み込めた)た。

そして、年月が流れ、そのSUNがオラクルに吸収された時に、そこで働く主メンバーが別れLibreOfficeが誕生した。

その流れで、俺はLibreOfficeを使う様になる。

ちなみに、OpenOfficeの全てがLibreOfficeに合流すると思ったのだが、結局、オラクルはApache(アパッチ)へ譲渡し、そちらが主流となった(のか???)。

でも、今現在もLibreOfficeを使っている。

今はJavaが無くても動く事になり、すごく助かる(仕事でJavaは使うけど、業務処理【確定申告を使うソフト】に使うPCには、Javaをインストールしたくないから)。

未だ、検索部分で致命的なバグ(シートが消えてしまう)もあるが、それ以外では問題なく使える。

特に、マクロがMicrosoftと同じなので、特に余計に覚える事がない。

最後に、Kingsoft Officeってあるけど、Macでは使えないし、何よりも中国製なので、俺は使わない。

2013年10月 7日 (月)

さっきツイートした事…

ふと、子供の頃から食べてた【ポルテ】って菓子パン(ケーキの部類?)。

ググってみたら2010年に製造終了してたって事で。

なので、ハッシュタグ【#第一パン】付けてツイート。

しかし、食いたい時に食えなくなるのは悲しい。

2013年10月 5日 (土)

iMac late 2013 27inch

先月末、iMacの新型が出たので、即日 Apple Store でポチった。
20131003_143112
CPUとGPUをアップグレード(¥250,000)。

そして、先日の木曜日に届いた。

Boot Campも使いたいから、楽天のショップからダウンロード版の Windows7 Pro を購入(¥4,300)。

しかし、OS Xでの諸設定は早々に終わったのに、Boot Campで大変になった。

まず、手元に1G以上のSDが無い為、あれこれと考えた結果、結局外付けのHDを全部初期化するハメに…

せめて、1つのパーテーションを選択出来れば、この後の作業も多少なりとも楽になったのだが。

そして、Boot Campの設定を行い、無事にインストールが完了。

でもね…

OS Xと違って…

Windowsって…

annoy

OSのアップデートだけで半日以上を費やしてしまったtyphoon

この後、再度外付けHDを再構築し、OS X側では Time Machine、Windows側ではバックアップの設定をして、木曜日からの作業が先ほど完了をした…

さて、今まで使った(ってか、現在も使って、FF11にログイン中)スペックと、新しいiMacのスペックの比較の為、ベンチマークで比較したいと思う。

ベンチマークは、FF11のベンチを使おうかと思ったけど、今は過疎化の一途を辿るゲームよりも、最近サービスが開始したFF14のベンチがイイかと思い、ダウンロードをして実行をした。

ちなみに、Windowsのコンパネにあるパフォーマンスの評価は以下の通り。

iMac late 2009 (Windows 7 Home Premium )
Imac_late_2009
CPU : 3.06GHz Intel Core 2 Duo
GPU : ATI Radeon HD 4670 256MB
Mem : 16GByte

iMac late 2013 (Windows7 Professional)
Imac_late_2013
CPU : 3.5GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.9GHz)
GPU : NVIDIA GeForce GTX 780M(4GB GDDR5メモリ搭載)
Mem : 8GByte

さて、FF14のベンチマークの結果だが、やっぱ iMac late 2009 だとお話にならない。
(ただし、最上位のCPUとGPUにしたら、どうなったのか???)
Imac_late_2009_ff14

次に、iMac late 2013。
こちらは、2つのモードを計った。
Imac_late_2013_ff14_1280x720
Imac_late_2013_ff14_1920x1080

これからFF14へデビューするには、快適すぎる程なんだが、今のところはやる予定なし。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »